HOME > 理念と信念
理念と信念
はじめに
理念
信念
配信後3%のこだわり
一例
決断する勇気
最後に


初めてのお客様へ
プロフィール
あなたの未来予想図
あなたの未来予想図U
目指せ一億円計画
ウイニング銘柄の強み
サラリーマン OL 主婦も手軽に投資


14日間無料!

理念と信念

はじめに

株式投資ウイニングトレードでございます。
株式投資は、投資家それぞれの個人差もあり、それぞれの立場も当然あります。
ウイニングトレードでは、初めてのかたでも楽しく簡単に株式投資をしていただけるように一人一人が今できることからはじめればよいと考えております。

株式投資をはじめたが、何を買って良いのか分からない
株式投資は長年やっているが、一向に儲からず資産を減らしてばかり
株式投資をするにあたって、毎日新聞など見る時間もなく何を買っていいのか分からない
リスクを少なく、大きく資産を増やしたい

など、沢山の悩みなどを持っていらっしゃるのが現状です。
この悩みを素早く解決するために当社があります。


株式投資で大切なことは


周りの意見に左右されないこと
思惑で先を見ないこと
今の現状が大切なこと
 
このように重要なポイントがたくさんあります。
ここでは、勝率への大きなポイントや、当社が思うこだわりを【理念】と【信念】に分けて
簡単に説明させて頂いております。
株式投資ウイニングトレードでは株式投資で成功させることについて、
こうであるべき!という理念を持っております。


理念

株式投資ウイニングトレードでは、全ての投資家様へ喜んでいただける銘柄を探し思案し配信させていただいております。
今現状、インターネットが普及し、手軽に情報を手に入れることが出来る時代です。
当社も含めまして、情報サービス業など沢山の配信源がございます。
株式投資に纏わる情報配信サービスも沢山ございます。

皆様は、ご自分で株式投資をするにあたり、上昇する銘柄を探したり見つけたりしてその会社に投資しますが、第三者の考えなどを借りて情報を受け取り、その会社に投資したりするのも今では当たり前のことです。
しかし、その情報を受け取り、その会社に投資したが、なかなか上昇しないと言うように悩まれたことはありませんか?
その他に、沢山の悩みや疑問などを抱えられたことが沢山あると思いますが、代表的な問題を以下の通りにまとめましたので、ご覧下さい。

 

情報を受け取ったが、いつ上昇するか分からない
買うタイミングが分からなく、購入後株価は下落し、仕方なく損切り後株価が上昇した
情報配信にて銘柄が沢山告知してくるが、投資資金が限られている為に告知通りに買いに行けない
情報受け取り後確かに上昇しているが、実際には昨日から上昇しているためにその日の買値から上昇が無く下落した
本来告知した日から上昇すべきだが、昨日から上昇しているために何ら意味がない
配信銘柄を受け取り、購入したが動きがない、若しくは下落し仕方が無く手放し数ヶ月後配信業者から、上昇しましたということがある。


上記など上げるときりがなく沢山存在します。

株式投資ウイニングトレードでは、このような配信では誰にでも出来きるサービスであり、投資家のためのサービスでは無いと思っております。
確かに全てがこのような配信サービス業があるわけでもなく、良い会社も沢山ありますが、投資家(お客様)に喜んでいただける、お客様が望まれているサービスは至ってシンプルだと思います。

告知後その銘柄が上昇し、私たち投資家の資産が増えることを一番望むと!

そうです!
一番重要で一番望まれているのは告知後その銘柄が上昇すること!
上昇期間が、不透明ではなく配信日であること!

ウイニングトレードでは、こうであるべきだ!と強い理念を持ちサービスしております。
ウイニングトレードの固く信じる考え。


信念

皆様は投資についてどう考えていらっしゃいますか?
取引をするにあたってしっかりした考えは、大変重要な事だと当社は考えています。
「株の利益も損失もすべて率」
この率が勝率への大きなポイントと考えています。
実際、取引中に利益率や損失率などは、なかなか瞬時に考えにくいものです。 実際には、購入金額から3%上昇すれば、十分利益確定につながっていると思います。
でも、どうしても金額に意識が移行し、「あと少し上がれば売ろう!」と考えてしまうと目標金額までの値がついてこず、勢いが失速して、気がつけば、損切りしていた!そんな経験は皆様も、山のように有ると思いますがどうでしょうか?

 

配信後3%のこだわり

率で計算すると、3%は十分上昇していて、その後からは下がっても当然だったと後で後悔することがあります。
しかし、取引中でも前日比から上昇率を計算すると、少しの欲もなく売れるのではないでしょうか?
逆にすでに損が発生しているときも同じことが言えるでしょう!
この先で、いくらの損が出たら、さすがに売ろうと…金額で決めているかもしれません。
しかし購入金額から計算すると5%や8%も下がっていることもあるかもしれません。
3%損失し損切りをして、その後は少しの下げで、再び上昇する場合も確かに有ると思います。
その時は、大変悔しい思いをしますが、確率的に言うと少ないのではないでしょうか?

一例

仮に50万の銘柄を1株単位で1株購入したとして、すでに株価は475.000円になったとします。
購入金額から単純計算で25.000円の損が出ています。
でも、ここでは売れないと、また上がるかもと頑張って様子を見ているのも良いのですが、実は、率で言うと5%も下がっているのです。
人それぞれですが、5%の下げは大きいと当社は考えています。
やはり、3%強辺りで損切りしているとそれ以上の損はそこで食い止めることが出来たかもしれません。

決断する勇気

ここで損切りするにも、利益を出すにも一つの大きな決断をしなければなりません。 欲を捨てることは、損を回避するためにも決められた率の中で考えることが、精神的にも楽ではないでしょうか?

最後に

損は大きな被害!利益は今の現実を!大切に利益確定へ…。
資金を大切に扱うのなら、無くなってしまってから後悔するより、早い時点でこの率について考えてみるのも良いのではないでしょうか?
もし、当社のこの理論に納得されたり、少しでも分かっていただける方がいらっしゃいましたら、あなたもまず一度ウイニングトレードで1ヶ月でも共に考えてみてはどうでしょうか?
当社は投資顧問ではありませんが、「見やすく分かりやす簡単に沢山の方々と楽しい輪」が出来ることを願っております。

勝てる秘訣へ